着心地ふわりはストレスフリー

エアリーショーツはオリジナルニットパターンのふんどしパンツです。

極度の冷え、アカギレ、靴下は5枚重ね…

下着による締め付けが身体を蝕んでいましたが、ふんどしパンツと出会い今まで味わったことの無い開放感を知ります。洋裁の経験も有り、自分でも作ってみたい気持ちにも駆られ・・・販売されていた型紙を使って、製作していました。

>>何故ふんどしパンツ?もご一読下さい。



しっくりこない着心地に違和感を感じる

当初は布帛(伸びない生地)で下着を製作していましたが・・・。

①骨盤にウエストのゴム部分を乗せるとVラインが食い込み、痛みと鼠蹊部に黒ずみが出来る。
骨盤より下にウエストのゴム部分を合わせると下がりすぎて、股の部分とショーツの間に隙間が出来てしっくりこなかった。
②10年以上布ナプキンを愛用しており、布ナプキンを付けると、素材の問題もあり、下に下がってくる。
③使い続けていくうちに、よれてシワが定着し、食い込んだりといった着心地の悪さが見えてきました。



エアリーショーツはオリジナルのニットふんどしパンツです。

有名ブランドのニットのショーツを参考に、立体裁断でパターンを作成したオリジナルの型紙です。
ハンドメイドされている方はお分かりかと思いますが、自分の作品は我が子と同じように大切です。エアリーを誕生させるにあたり、何も無いところから製図し、何度もパターンを見直し、主人にも協力して貰いました。こうしてエアリーショーツの原型が出来上がりました。



エアリーショーツ、想像以上の反響

2017年7月より、minnneで販売を始めました。生産が追いつかず、現在は受注生産での対応を取っており、1ヶ月待ちの状態です。ありがたいことにエアリーを応援したいと言うパートナーも現れ、お取り扱い店舗、企業様・・・全国に向けて販路を拡大しております。お客様に、スタッフに日々感謝しております。


エアリーショーツ
代表兼デザイナーリヤン・ドウ